プロ直伝のボイトレ方法
ボイストレーニング


高音の出し方,発声法,ビブラート法,自宅でできるボイトレ方法などプロのボーカリスト監修サイト

あのavexが協力監修
携帯レッスン&オーディション
オーディション情報
オーディション情報
今すぐチェックする

★高音を伸ばすためには★
このテーマも大きな壁になっている方が
多いのではないでしょうか。

どうしても高音が出ないという
悩みはよく耳にします。

「声帯」は「人間の身体の一部」ですから、
どうしても「限界」はあります。

男性の方が
女性の方と全く同じ音域で歌うことは難しいですし、
無理を続ければポリープの原因となってしまうこともあります。

しかし、「底上げ」は出来ます。
「高音を出すためには
まず低音から」鍛えましょう。

どうしても無理に高音を発声しようとすると、
喉に余計な力が入り、
ブレスも多くなり、
声帯に負担をかけてしまいます。

また、喉を絞れば絞る程
高い音が出るように感じがちですので、
ますます「歌の基本」を忘れてしまい、
逆効果となってしまいます。

「低音」を鍛えることは、
すなわち
「腹式呼吸」
「肺活量」
を鍛えることに繋がります。

自分の「低音の限界」を
広げる訓練を行いましょう。

具体的には、
「あ〜あ〜あ〜↓」
と徐々に音程を低くし、
連続して発音してみてください。

音程が低くなれば低くなる程、
声量が小さくなると思います。

この「声量」を保ったまま、
低音が出せるような訓練を続けていれば、
気付いた時には自然と高音域も
無理なく出せるようになるはずです。

UP▲

~歌の基本へ
~TOPへ


Copy right(C)
ボイストレーニングのススメ
All Rights Reserved.



【PR】 クレジットカード| バストアップ| コアリズム| 携帯ライブチャット| エステ比較| ライスフォース| 自動車保険| 消費者金融比較| 債務整理| 化粧品通販| コスメ通販| エステ体験| ハッピーメール| happymail| ダイエット| キャッシング| キャッシング比較| 中古車査定| にきび対策| ワクワクメール|